August 5, 2019 / 7:06 AM / 17 days ago

インド株式市場・午前=5カ月ぶり安値、米中貿易戦争激化で

    [ベンガルール 5日 ロイター] -    
 インド                  日本時間15時38     前日比      %        始値
                         分                                 
 SENSEX指数<.BSES        36,625.24  - 492.98  - 1.33   36,842.17
 N>                                                         
 前営業日終値                  37,118.22                              
                         日本時間15時38     前日比      %        始値
                         分                                 
 NSE指数                    10,848.80  - 148.55  - 1.35   10,895.80
 前営業日終値                  10,997.35                              
    
    5日午前のインド株式市場の株価は1%超下落し5カ月ぶりの安値を付けた。金属株
と公営銀行株が下げを主導した。米中貿易戦争の激化により、アジア各地の株式市場で投
資家の懸念が広がった。
    トランプ米大統領が1日、残る3000億ドル相当の中国製品に10%の追加関税を
課すと表明したことを受け、人民元が対ドルで心理的節目となる7元台に下落した。MS
CIアジア太平洋株指数(日本除く)は1.7%安。
    インド・ルピーは対ドルで5月半ば以来の安値を付けた。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は、0447GMT
(日本時間午後1時47分)時点で1.62%安の1万0819.55。SENSEX指
数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は1.55%安の3万65
37.09。
    ニフティ公営銀行株指数は5.12%の急落。金属株指数は
3.9%安で約3年ぶり安値。自動車株指数は1.9%下落。
    IT株指数はルピー安を背景に唯一上昇した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below