Reuters logo
インド株式市場・午後中盤=下落、L&Tやエネルギー株が安い
2017年11月13日 / 09:18 / 6日後

インド株式市場・午後中盤=下落、L&Tやエネルギー株が安い

    [13日 ロイター] - 
    
 インド      日本時間   前日    %   始値
             17時47分     比        
 SENSE  33,171.0  - 143  - 0.  33,39
 X指数<.BS         2    .54    43   7.41
 ESN>                               
 前営業日終  33,314.5                    
 値                 6               
             日本時間   前日    %   始値
             18時3分      比        
 NSE指数  10,260.5  - 61.  - 0.  10,32
                    0     25    59   2.00
 前営業日終  10,321.7                    
 値                 5               
 
    インド株式市場の株価は下落。通期の受注予想を下方修正した建設
会社ラーセン・アンド・トゥーブロ(L&T)が指数を押し
下げた。また、石油価格を巡る懸念から、複合企業リライアンス・イン
ダストリーズといったエネルギー株が圧迫された。
   石油価格は引き続き、十分に下支えされている。石油輸出国機構
(OPEC)とロシアが主導する協調減産が過剰供給の大幅な削減に寄
与している。また、中東情勢の緊張で原油供給混乱の見通しが高まった
ことが背景にある。
    ビーナス・インディア・アセット・ファイナンスのバイスプレジデ
ント、K・K・ミッタル氏は「原油価格の上昇は株価を圧迫し、大きな
懸念となっている」と述べた。
    0626GMT時点でNSE指数(ナショナル証券取引所に上場す
る50銘柄で構成)は0.5%安の1万0273.30。SE
NSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構
成)        は0.3%安の3万3209.53。
    L&Tは2.5%安。通期の受注の伸びがゼロからごくわずかにと
どまるとの見通しを発表したことが嫌気された。同社の7─9月期決算
は増益だったが、投資環境の悪化で受注が減ったと説明した。
    ニフティ・エネルギー指数は0.9%安。リライアン
ス・インダストリーズは0.6%安。
    採炭のコール・インディアは2.4%安。7─9月期決
算が40%減益となったことを受けて売られた。
    石油精製のバーラト・ペトロリアム(BPCL)は一時
3.7%下げ、4週間ぶりの安値を付けた。7─9月期決算が市場予想
を下回った。
   一方、インドステイト銀行(SBI)は1.5%高。前
週末に発表した四半期決算で不良債権の増加ペースが鈍化したことが好
感された。
   アクシス銀行は1.8%上昇し、2016年9月以来の
高値を付けた。同行はベイン・キャピタルなどを引受先とする増資計画
を発表した。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below