for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=反発、FRB議長会見受けたアジア株高に追随

    [ベンガルール 5日 ロイター] - 序盤のインド株式市場は反発。パウエル米連
邦準備理事会(FRB)議長が会見でタカ派姿勢を強めなかったことから、他のアジア市
場で株価が上昇し、インド市場もその流れを引き継いだ。
    前日はインド準備銀行(中央銀行)による緊急利上げを受け、株価は2%超安で終了
。一時3月7日以来の下げ幅を記録した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0353GMT(
現地時間午前9時23分、日本時間午後0時53分)時点で、0.71%高の1万679
6.30。主要サブ指数構成銘柄は大半がプラス圏を推移している。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は1
.06%高の5万6256.66。
    NSE指数はニフティ公共部門銀行株、金属株、自動車株指
数がそれぞれ1%超上昇した。
 インド               日本時間13時57      前日比       %        始値
                      分                                   
 SENSEX指数<.B       56,467.95    + 798.92   + 1.44  56,255.07 
 SESN>                                                     
 前営業日終値              55,669.03                                 
                      日本時間13時57      前日比       %        始値
                      分                                   
 NSE指数                16,916.25    + 238.65   + 1.43  16,854.75 
 前営業日終値              16,677.60                                 
 
    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up