July 31, 2020 / 6:13 AM / 14 days ago

インド株式市場・序盤=小幅続落、米GDPやリライアンスの業績が重し

    [31日 ロイター] - 
 インド             日本時間14時47    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      37,703.54    - 32.53   - 0.09  37,847.88
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           37,736.07                               
                    日本時間14時46    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             11,098.95     - 3.20   - 0.03  11,139.50
                                                                
 前営業日終値           11,102.15                               
    序盤のインド株式市場は不安定な値動きのなか小幅続落。厳しい米国内総生産(GD
P)がアジア各地の市場を押し下げたほか、複合企業リライアンス・インダストリーズの
業績不振も重しだった。
    0355GMT(日本時間午後0時55分)時点で、NSE指数(ナショナル証券取
引所に上場する50銘柄で構成)は0.16%安の1万1085.45。SENSEX指
数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.1%安の3万76
96.72。金融株が下げをけん引した。
    4ー6月期の米GDPは、新型コロナウイルスが個人消費や企業支出を直撃する中、
大恐慌以来の大幅な落ち込みとなった。これを受け、31日の外国為替市場でのドル相場
は2年ぶりの低水準に下落した。
    MSCIアジア太平洋株指数(日本を除く)はこの日の正午近く時
点で0.22%下落した。
    リライアンスは序盤の取引で1.5%安。4ー6月期の営業売上高は、前
年同期比約44%減となった。新型コロナの影響で、石油精製・石油化学事業が打撃を受
けたことが主因だった。
    ニフティ銀行株指数は約1%下落。金融株指数も1.3%下落した。両指数は株価全
般の下落を主導した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below