for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=続伸、国内線の再開計画で航空株に買い

    [ベンガルール 21日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間14時25    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      31,060.65   + 242.04   + 0.79  30,904.29
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           30,818.61                               
                    日本時間14時25    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              9,135.05    + 68.50   + 0.76  9,079.45 
 前営業日終値            9,066.55                               
 
    
    21日午前のインド株式市場の株価は続伸。良好な企業決算や、航空旅行の制限緩和
の計画を政府が発表したことが買い材料となった。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0400GMT(
現地時間午前9時半、日本時間午後1時)時点で、0.39%高の9101.10。SE
NSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0.36%
高の3万0929.03。
    国内航空最大手インディゴの親会社であるインターグローブ・アビエーション<INGL.
NS>は7.6%の急伸。一方、同第2位のスパイスジェットも4.9%上昇した
。政府が25日から一部の国内線の再開を発表したことが買い材料となっている。
    こうした中、格付け大手ムーディーズのインド部門ICRAは20日、2020─2
1年度のインドの国内総生産(GDP)の見通しを引き下げ、5%減に落ち込むとの予想
を発表した。1─2%減のこれまでの予想を大幅に下方修正した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up