June 22, 2020 / 5:14 AM / 20 days ago

インド株式市場・序盤=続伸、製薬・金融が高い

    [ベンガルール 22日 ロイター] - 
 インド              日本時間13時44    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      35,006.23   + 274.50   + 0.79  34,892.03
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            34,731.73                               
                     日本時間13時44    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              10,329.30    + 84.90   + 0.83  10,318.75
                                                                 
 前営業日終値            10,244.40                               
    インド株式市場は続伸。国内の新型コロナウイルス感染者数が急増しているが、世界
株式市場の上向き基調を背景に、製薬株と金融株に押し上げられている。
    0346GMT(現地時間午前9時16分、日本時間午後0時46分)時点で、NS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.51%高の1
万0303。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は0.55%高の3万4922.50。
    ニフティ医薬品株指数は2.5%高、銀行株指数は1.2%高
。
    製薬大手シプラ<CIPL.NSは7.5%上昇し、NSE指数を特に押し上げた。米バイオ
医薬品企業ギリアド・サイエンシズが開発した新型コロナの治療薬候補の「レム
デシビル」について、インドの医薬品当局が後発医薬品(ジェネリック)の製造と販売を
シプラに許可したことが好感された。
    グレンマーク・ファーマシューティカルズは10%近く急伸。同社は19
日、軽・中程度の新型コロナ感染症の治療薬候補アビガン(一般名ファビピラビル)の製
造・販売で当局の許可を得たと発表した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below