July 24, 2020 / 5:47 AM / 11 days ago

インド株式市場・序盤=金融株主導で下落、リライアンスは高い

    [ベンガルール 24日 ロイター] - 
 インド              日本時間14時22    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      37,840.86   - 299.61   - 0.79  37,949.59
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            38,140.47                               
                     日本時間14時22    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              11,120.30    - 95.15   - 0.85  11,149.95
                                                                 
 前営業日終値            11,215.45                               
    インド株式市場は銀行株と金融株主導で下落。買われ過ぎの銘柄が売られている。小
動きのアジア市場とインドでの新型コロナウイルス新規感染者の増加が、悲観的ムードに
拍車を掛けた。
    0350GMT(現地時間午前9時20分、日本時間午後0時50分)時点でNSE
指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.75%安の1万
1132.50。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は0.82%安の3万7829.60。ただ両指数は週間ベースで5週続伸に向かっ
ている。
    NSE指数とSENSEX指数は、インドでロックダウン(都市封鎖)が最初に実施
された3月下旬以来、それぞれ33%超上昇している。政府統計によると、その当時数百
人程度だった新型コロナ感染者数は7月24日朝までに約129万人に達した。
    銀行株と金融株が下落を主導。ニフティ銀行株指数(国有・民間銀で構成)<.NSEBAN
K>は1.3%安、ニフティ金融株指数は1.4%安。
    住宅金融大手ハウジング・デベロップメント・ファイナンス(HDFC)
が2.1%安と、NSE指数で特に値下がりした。資産額ベースでインド最大手行のイン
ドステイト銀行は2%安。
    一方、製薬株は上昇し、ニフティ製薬株指数は1.3%高。サンファーマは3.8%
高と、上昇率トップ。
    リライアンス・インダストリーズは6営業日続伸。米アマゾン・ドット・
コムがリライアンスの小売り部門への投資について協議中との報道を受けた。  
  

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below