Reuters logo
インド株式市場・引け=3日続伸、弱いGDPで利下げ観測高まる
2017年9月1日 / 10:54 / 25日前

インド株式市場・引け=3日続伸、弱いGDPで利下げ観測高まる

    [1日 ロイター] - 
    
 インド            日本時間19時4    前日比      %      始値
                   3分                              
 SENSEX指数      31,892.23  + 161.74  + 0.51  31,769.3
                                                           4
 前営業日終値          31,730.49                            
                   日本時間19時1    前日比      %      始値
                   分                               
 NSE指数<.NSEI       9,974.40   + 56.50  + 0.57  9,937.65
 >                                                  
 前営業日終値           9,917.90                            
 
    
    インド株式市場の株価は堅調に推移し、3営業日続伸で取引を終了
した。国内総生産(GDP)伸び率が市場予想を大きく下回ったことを
受け、インド準備銀行(RBI、中央銀行)が10月の金融政策決定会
合で利下げに踏み切るとの観測が高まった。
    4─6月期のGDP伸び率は前年同期比で5.7%と、前期(6.
1%)から減速。ロイター調査の市場予想(6.6%)も下回った。R
BIは先月、金利を0.25%引き下げ、今後の追加利下げを判断する
上で経済指標を注視していく考えを明らかにした。
    株式市場の地合いは、アジア株が米株高の流れを受けて幅広く上昇
したことにも支えられた。
    ビーナス・インディア・アセット・ファイナンスのバイスプレジデ
ント、KKミッタル氏は「市場関係者らは、最悪の状況を脱して今後は
改善に向かうとみている」と指摘。「海外要因も地合いの改善に寄与し
ている」と述べた。
    大幅に上昇したのは自動車株。月間販売台数が良好だったバジャー
ジ・オートとマルチ・スズキは、それぞれ3.6%
高、1.5%高となった。
  上昇率が大きかったのはドクター・レディーズ・ラボラトリーズ<RE
DY.NS>。オピオイド依存の治療薬に関連する3つの特許を巡る訴訟で勝
訴したことを受け、9.7%高で引けた。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below