January 18, 2018 / 5:10 AM / 6 months ago

シドニー外為・債券市場=予想上回る雇用統計にも豪ドル反応薄

[シドニー/ウェリントン 18日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルは小動き。前日は昨年9月以降初めて0.80米ドルを試す展開となり、オーバーナイトでは一時0.8023米ドルまで上昇したものの、現在は上昇前の水準に戻り、0.7962米ドル付近で推移している。

オーバーナイトで豪ドルが下落に転じた要因は、米ホワイトハウスが政府機関閉鎖の回避に向け共和党が提案している2月16日までの新たなつなぎ予算案への支持を表明したことにある。これにより、政府機関の閉鎖が回避されるとの観測が広がり、米ドルのショートカバーが大量に入った。

豪ドル上昇の勢いが後退したことで、就業者数が予想以上に増加した昨年12月の雇用統計に対する市場の反応は限定的となった。

豪連邦統計局が18日発表した昨年12月の雇用統計では、就業者数が前月比3万4700人増加し、予想(9000人増)を大幅に上回った。ただ、求職者の増加を背景に失業率は5.5%と、前月の5.4%から上昇した。

労働力の供給が需要以上に拡大していることは、賃金・インフレ率に対する上昇圧力の弱まりを意味するため、豪準備銀行(中央銀行)に早期利上げを促すきっかけとはなりそうにない。

雇用統計は豪国債先物の重しとなり、3年物は4.5ティック安の97.735。一時、2015年末以来の安値となる97.705を付けた。10年物は2.5ティック安の97.1800。

ニュージーランド(NZ)ドルの対米ドル相場も一進一退の展開。NZドルはオーバーナイトで0.7331米ドルに上昇し、4カ月ぶり高値を更新した後、0.7267米ドルまで下げた。

NZドルはわずか1カ月で4%近く上昇したが、1月25日の第4・四半期消費者物価指数(CPI)公表まで国内主要指標の発表はないため、幾分か値固めに入るとみられる。

上値抵抗線は0.7340米ドルと0.7365米ドルに、下値支持線は0.7235米ドルにある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below