Reuters logo
シドニー外為・債券市場=反落、1カ月ぶり安値近辺
2017年8月18日 / 05:41 / 1ヶ月前

シドニー外為・債券市場=反落、1カ月ぶり安値近辺

[シドニー 18日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが前日の上げから反落し、1カ月ぶり安値近辺で推移している。

豪ドル/米ドルは、0.7892米ドルと、今週つけた7月18日以来の安値の0.7808米ドル近辺に下げている。

豪ドルは週間ベースで2週連続で下落していたが、今週はほぼ横ばいで終了するとみられる。

NZドル/米ドルは、0.7292米ドル。今週一時、0.7224米ドルと、7月12日以来の安値をつけた。

週初からは0.4%下げており、週間ベースで3週連続の下げとなる見通し。

豪ドルとNZドルは7月下旬に2年ぶり高値を記録した。ただ、その後は軟調になっている。豪とNZの政策当局者が共に、政策金利を過去最低水準で維持する必要があるとの認識を示したことや、北朝鮮情勢の緊迫化でリスク志向が後退したことが背景となっている。

アナリストは、米利上げに伴う金利差縮小で、豪ドルとNZドルは軟調になるとの見通しを示している。

AMPの首席エコノミスト、シェーン・オリバー氏は「豪ドルは短期的に上向く可能性はあるが、最終的には再び下げ基調になるだろ」との見方を示した。

豪国債先物は堅調。3年物は2ティック高の98.050、10年物も97.3850に上昇。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below