January 26, 2018 / 2:33 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=弱いCPIでNZドル続落、豪ドル反落

[ウェリントン 26日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、ニュージーランド(NZ)ドルが下落。前日発表された消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことから、中銀が引き締めを急ぐことはないとの見方から、引き続き売られている。

豪ドルも前日の上げから押し戻されている。この日は祝日のため、商いは薄い。

NZドルは、0.1%安の0.7318米ドル。ただ、週間では0.2%高となる見通し。

前日発表されたNZの第4・四半期CPIは、前期比0.1%上昇し、予想(0.4%上昇)を下回った。

ウエストパック銀行のストラテジストはリサーチノートで「米ドルが全般的に軟調となっていることから、NZドルの下げは限定的になる。ただ、第4・四半期のCPI統計により、NZドルの下げは数日続く」との見方を示した。

ムニューシン米財務長官は24日、ドル安は米国にとって望ましいとの見解を示した。これを受け、ドル売りが優勢となった。

豪ドルは25日、0.8030米ドル近辺の上値抵抗線を突破、オーバーナイトで0.8119米ドルまで上昇した。

ただ、その後押し戻され、0.7305米ドル近辺で推移している。週間では0.4%高となる見通し。

豪国債先物は、3年物が0.5ティック高の97.75、10年物は0.2ティック高の97.17。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below