September 20, 2018 / 2:39 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=強いGDPでNZドル上昇、豪ドルも高値維持

[シドニー/ウェリントン 20日 ロイター] - オセアニア外国為替市場ではニュージーランド(NZ)ドルが3週間ぶり高値を付けた。第2・四半期の国内総生産(GDP)が予想を上回ったことを受け、利下げ観測が後退した。

NZドルは約0.6600米ドルから0.6652米ドルに上昇し、8月下旬以来の高値を付けた。

NZの第2・四半期GDPは前期比1.0%増と、前期の2倍のペースに加速し、2年ぶりの高い伸びとなった。伸び率は市場予想(0.7%)やNZ準備銀行(中央銀行)の予想(0.5%)を上回った。

統計発表を受け、翌日物金利スワップ(OIS)市場が織り込む向こう1年の利下げ確率は40%から20%に低下した。NZ中銀は来週の政策決定会合で政策金利を1.75%に据え置くと予想されている。

TDセキュリティーズ(シンガポール)のアジア太平洋担当チーフストラテジスト、アネット・ビーチャー氏は「(NZ)経済は良好で、利下げは必要ない」と述べた。一方で「根強い低インフレやリセッション(景気後退)レベルの企業景況感は中銀にとって大きな懸念材料だ」と指摘した。

前日まで3日続伸の豪ドルは3週間ぶり高値付近で推移し、直近では0.7265米ドルとなっている。

市場関係者は、中国の李克強首相が前日、輸出競争力を高めるための通貨切り下げはしないと述べ、米中貿易摩擦の激化を回避する姿勢を示唆したことで、豪ドルやアジアの資産が買われたと指摘した。

南北首脳会談で北朝鮮の非核化に向けて一定の前進が得られたこともリスク選好の高まりにつながっている。

豪国債先物は下落し、3年物は1.5ティック安の97.830。10年物は1ティック安の97.265。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below