February 4, 2020 / 5:08 AM / 25 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルが上昇、中銀の金利据え置き受け

[シドニー 4日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが上昇。オーストラリア準備銀行(RBA)がこの日開催した理事会で政策金利を据え置くとともに、楽観的な経済見通しを維持したことが背景。

豪ドルは対米ドルで0.45%高の0.6720米ドルと、4カ月ぶりの安値(0.6679米ドル)から切り返している。

ただ過去約3週間にわたって売り込まれてきたため、小幅な反発にとどまっている。

ニュージーランド(NZ)ドルは小幅高の0.6468米ドル。2カ月ぶりの安値(0.6451米ドル)から上昇している。

豪中銀は4日、今年初の理事会を開き、政策金利を過去最低の0.75%に据え置いた。

国内での森林火災や、中国を中心に広がる新型コロナウイルスの感染による経済への影響を踏まえ、市場では利下げ確率が約20%織り込まれていた。

ロウ中銀総裁は理事会後の声明で、これらの事態による影響に認識を示した上で、森林火事とコロナウイルスが国内経済を圧迫するのは一時的にとどまるだろうと指摘。オーストラリア経済が今年2.75%、来年3%成長するとの見通しを維持した。

必要に応じて利下げする用意があるとも表明したが、時期には言及しなかった。

豪中銀の決定を受け、豪債先物は小幅に下落。3年物は4ティック安の99.380、10年物は1.5ティック安の99.0500。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below