February 26, 2019 / 1:58 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドルが値固め、米中通商協議巡る楽観で

[シドニー 26日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、米中通商協議進展の兆しが中国経済とコモディティー相場にプラスと受け止められる中、豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が値固めの展開となっている。

豪ドルの対米ドル相場はオーバーナイトで0.7184米ドルまで上昇した後、0.7164米ドル近辺で推移。ディーラーによると、0.7150─0.7200米ドルにきょう期日を迎える大規模オプションがあり、値幅を制限するとみられる。

NZドルの対米ドル相場は0.6880米ドル近辺。オーバーナイトでは3週間ぶりの高値となる0.6902米ドルまで上昇していた。主要抵抗線は0.6942米ドル近辺、目先の支持線は0.6864米ドル。

トランプ米大統領は25日、通商協議で中国との溝を埋めることができれば、近く習近平国家主席と会談し、合意に署名する可能性を示唆。協議は合意にかなり近付いているとの見解を示した。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の上級為替ストラテジスト、ロドリゴ・カトリル氏は「リスク志向の高まりとコモディティー相場の上昇が、国内のさえない消費や住宅価格下落、豪中銀の慎重姿勢といった懸念を相殺している」と指摘した。

豪政府債先物は下落。3年物は1ティック安の98.330、10年物は2ティック安の97.8950。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below