June 27, 2019 / 3:53 AM / 2 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドルが堅調、米中貿易戦争「一時休戦」報道で

[シドニー 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが堅調。米中が貿易戦争の「一時休戦」で合意したとの報道を受け、リスク志向が強まった。

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが関係筋の話として報じたたころによると、米国と中国は通商交渉を再開するために貿易戦争の「一時休戦」で暫定的に合意した。

ディーラーらによると、市場は20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)における米中首脳会談に対してハードルを非常に低く設定した。交渉進展のあいまいなヒントでも安心感につながった。

豪ドルは0.6996米ドルまで上昇。週間ベースの上昇率はこれまでのところ1%となっている。最近付けた5カ月ぶりの安値0.6832米ドルから大きく反発しているものの、上昇基調持続にはチャート上の主要なバリアである0.7025米ドルを明白に上抜ける必要がある。

報道を受け債券には利食い売りが出た。豪国債先物の3年物が6ティック安の99.060。

NZドルは0.6678米ドルに上昇。NZ中銀が利下げを見送ったのを受け、オーバーナイトでは2カ月ぶりの高値となる0.6693米ドルを付けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below