August 14, 2019 / 4:25 AM / 2 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドル下落、中国経済指標受け

[シドニー 14日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が下落している。トランプ米政権が来月発動予定の対中追加関税を一部延期すると発表したことを受けて堅調だったが、中国の経済指標がさえない数字となったことから、押し戻された。

豪ドルの対米ドル相場は0.6785米ドルに下落。オフショア市場では、0.6819米ドルまで上昇していた。主要支持線(0.6750米ドル)は引き続き上回っている。

NZドルの対米ドル相場は0.6450米ドル。一時0.6470米ドルまで上昇していた。支持水準は0.6422米ドル。

米通商代表部(USTR)は、9月1日に発動予定の中国製品に対する10%の追加関税のうち、ノートパソコンや携帯電話など一部製品への発動を延期すると発表した。

これを受けて、豪ドルとNZドルはオーバーナイトに上昇。豪ドル/円も一時、2%高の72.92円をつけた。

ただ、その後、中国の経済指標を受けて軟調になった。

中国国家統計局が発表した7月の鉱工業生産は前年同月比4.8%増と17年ぶりの低い伸びにとどまった。小売売上高は前年比7.6%増と、6月の9.8%増から伸びが鈍化し、市場予想(8.6%増)を下回った。

一方、豪経済指標はまちまちだった。第2・四半期の豪賃金は前期比0.6%上昇し、伸び率は予想を上回った。ただ、前年比では2.3%上昇となり、オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)がインフレ率押し上げに必要だとする約3%には届かなかった。

一方、メルボルン研究所とウエストパック銀行が公表した8月のオーストラリア消費者信頼感指数は3.6%上昇した。経済や住宅市場の見通しが改善したことが背景。

豪3年債先物は2ティック安の99.335、10年債先物は2.5ティック安の99.0400。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below