March 20, 2018 / 5:20 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドル下落、FOMC控えリスク回避

[シドニー 20日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、オーストラリアドルが対米ドルで3カ月ぶり安値付近で推移。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、リスク回避志向が高まっている。

豪ドルは、主要輸出品である鉄鉱石価格の下落にも打撃を受けた。直近で0.1%安の1豪ドル=0.7707米ドルと、19日に付けた昨年12月後半以来の安値となる0.7687米ドルからあまり離れていない。

NZドルは0.2%安の1NZドル=0.7226米ドル。19日は0.7197米ドルと、3月上旬以来の安値を付けていた。

豪ドル、NZドルは前週15日、鉄鋼やアルミニウムに対する米国の輸入関税が世界の経済成長を危険にさらすとの懸念から売りが加速した。鉄鋼の主な原材料である鉄鉱石の需要に悪影響が及び、大連商品取引所の鉄鉱石先物相場(5月渡し)は昨年11月上旬以来の安値となった。

関係筋によると、米トランプ政権は中国からの輸入品のうち最大600億ドルに相当する製品に関税を課すことを23日までに公表する見通し。テクノロジーや通信、知的財産分野が対象だという。

コンパスマーケッツの外為シニアバイスプレジデント、トニー・ボヤジャン氏は「円とスイスフランが安全逃避通貨として買われ、代わりに豪ドルとNZドルが下落した」と指摘。「世界の経済成長に対する懸念から、コモディティー通貨が下落した。保護主義的政策を受けて、リスクトレードはアンワインド(巻き戻し)されている」と述べた。

オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が20日に公表した今月の理事会の議事要旨では、中銀が高水準の家計債務に警戒感を示していたことが明らかになった。

豪国債先物はまちまち。3年物が1ティック安の97.865、10年物は1ティック高の97.290。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below