June 4, 2020 / 4:25 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドル軟化、最近の上昇で利食い売り

[シドニー 4日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが軟化。このところの上昇を受け、投機筋の利食い売りが出ている。

豪ドルの対米ドル相場は0.6898米ドルに下落。前日には一時、5カ月ぶりの高値となる0.6982米ドルまで上昇していた。週間では依然として3.3%上昇しており、市場が混乱した3月に付けた安値(0.5510米ドル)から大幅に回復している。

短期的な支持線は0.6857米ドル近辺、抵抗線は0.7000米ドルと0.7032米ドル。

NZドルの対米ドル相場は0.6418米ドルと前日に付けた3カ月ぶり高値の0.6444米ドルから押し戻されている。ただ、こちらも週間では3.4%高。支持線は0.6406米ドル近辺と0.6392米ドル近辺。抵抗線は3月の高値である0.6448米ドル。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)の為替戦略責任者、レイ・アトリル氏は「主要なファンダメンタルズ要因の改善が豪ドルとNZドルを適切に押し上げてきた」と述べ、経済活動の再開に伴い見られているコモディティー(商品)相場高や世界の株式市場の上昇に言及した。

同氏は「ここ数日は幾分買われ過ぎており、短期的な値固めが示唆されているが、今年下期と来年にかけてはさらに上昇する見込みだ」と語った。

NBAは6月の豪ドルの水準を0.6800米ドルと予想し、従来予想(0.6200米ドル)から上方修正。9月までには0.7000米ドルを付けるとの見通しを示している。

NABによると、NZドルは6月末時点に0.6300米ドル近辺、9月には0.6400米ドルを付ける見通し。

この日発表された4月の豪指標では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けたロックダウン措置による経済への打撃が浮き彫りになったものの、同国はウイルス封じ込めに成功しており、市場は比較的早期の景気改善を織り込んでいる。

リスク地合いの改善を背景に、豪10年債利回りは1.01%と前週末の0.90%から上昇。一時は1.058%まで上昇し、3月半ば以来の高水準を付けた。

オーストラリア準備銀行(RBA)は3年債利回りを0.25%近辺で維持することに引き続きコミットしており、短期債の値動きは限定的。豪3年債先物は0.5ティック安の99.720。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below