June 5, 2019 / 5:07 AM / 22 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドル、底堅く推移

[シドニー 5日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは底堅く推移。弱気筋は米欧の金融緩和を意識しており、国内指標の悪化には反応していない。

ただ、ディーラーは市場の豪ドルとNZドルのポジションは依然としてショートに傾いていると指摘。上昇は長続きしない可能性があるとの見方を示している。

豪ドルは1豪ドル=0.6997米ドル。過去3日で0.9%値上がりしている。米連邦準備理事会(FRB)の早期利下げ観測で米ドルが幅広い通貨に対して下落していることが背景。

NZドルも1NZドル=0.6630米ドルと、週明けから1.4%値上がりしている。

第1・四半期のオーストラリアの実質国内総生産(GDP)は前年比1.8%増と、世界的な金融危機後の最低水準に落ち込んだが、指標の悪化は織り込み済み。豪中銀も前日、先手を打つ形で利下げを実施している。

市場は少なくともあと1回の追加利下げを予想。利下げの確率は7月が32%、8月が70%。9月までの利下げはほぼ確実視されている。

ただ市場は、米国、ユーロ圏、カナダなどの金融緩和も積極的に織り込んでいる。

ECBは6日に理事会を開催するが、インフレ統計が予想以上に弱かったことを受けて、ハト派的な姿勢を示すとの観測が浮上している。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は4日、FRBは世界的な貿易戦争などに起因するリスクに「適切に」対応すると述べた。利下げの可能性を排除しない姿勢を示した可能性がある。

米国債2年物利回りは過去2週間で40ベーシスポイント(bp)低下したが、豪国債2年物利回りは15bpの低下にとどまっている。

豪3年債先物は1ティック上昇の98.890、10年債先物は98.4850。ともに最高値をやや下回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below