April 23, 2019 / 7:37 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルはレンジ取引、あすのCPIに注目

[シドニー 23日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルは狭いレンジ内で推移。連休明けということに加え、注目のインフレ統計の発表を控えて商いは薄い。ニュージーランド(NZ)ドルは2カ月ぶり安値付近で推移している。

豪ドル/米ドルは1豪ドル=0.7127米ドル。前週、中国国内総生産(GDP)などを受けて2カ月ぶり高値の0.7206米ドルを付けた後、じりじりと下げている。

24日には第1・四半期の豪消費者物価指数(CPI)が発表される。ロイターのアナリスト調査によると、コアインフレ率は前年比1.7%程度の上昇と、豪中銀の目標レンジである2─3%を下回る見通し。

NZドル/米ドルは小幅下落し1NZドル=0.6671米ドルと1月以来の低水準付近。NZドルは過去10営業日中、7営業日で下落ないし横ばいとなっている。

NZ中銀が3月下旬に中立姿勢からハト派に転換したことがNZドル低迷の背景。オア中銀総裁は前週、ロイターとのインタビューで緩和的バイアスは当面続くとの見通しを示し、中銀が最近ハト派的な姿勢に転じたのは国際経済の状況が背景にあると説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below