March 29, 2018 / 4:13 AM / 6 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルは年初来安値、NZドルも停滞

[シドニー 29日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で、豪ドルは年初来安値を更新。四半期末需要が米ドルを押し上げたほか、コモディティー価格の下落も重しとなり、テクニカル上の節目に接近している。

豪ドルは0.7647米ドル近辺でさえない展開。サポートラインだった0.7670/75米ドルを割り込んだ後、昨年12月中旬以来の安値を付けている。

NZドルは0.7193米ドル水準で停滞。オーバーナイトでは1.1%安となり、今週の高値(0.7304米ドル)からの調整色を強めている。下値めどは3月安値(0.7154米ドル)。

テクニカル面では、豪ドルは0.6900米ドルを下回る安値を付けた2016年初からの長期トレンドライン(0.7600/10米ドル)が注目されており、同ラインを下回れば一段安の可能性があるという。

アクシトレーダーの首席市場ストラテジスト、グレッグ・マッケナ氏は「仮に(同ラインを)割り込めば、17年12月安値の0.75ドル付近が次の下値めどになる」と述べた。

またショートカバーによる米ドルの上昇も豪ドルの重しとなっている。市場ではここ数週間で投機家による米ドルショートが積み上がっており、四半期末を控え利益確定に動いているとの声が出ている。

米ドルの上昇に加え、世界的な貿易戦争に対する懸念もコモディティー価格を圧迫している。中国の鉄鉱石先物は2月末以降22%安となっている。

12─2月の豪求人件数は過去最高となったが、豪ドルへの影響は限定的だった。

債券市場では、豪10年債利回りが2.59%と前日につけた3カ月ぶりの低水準付近。

豪国債先物では3年物が2ティック安の97.875、10年物<YTCc1が1ティック安の97.4050。

NZ国債価格は下落。利回りは長期ゾーンで3ベーシスポイント(bp)上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below