January 25, 2019 / 2:45 AM / 24 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルは週間ベースで下落、NZドルは上昇の見込み

[シドニー 25日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルは軟調。週間ベースでは下落する見込み。米中通商協議や世界経済成長を巡り懸念が広がっているほか、オーストラリア国内では、投資家は利下げの可能性を見極めようとしている。

豪ドルの対米ドル相場は0.7086米ドルで、一時0.7077米ドルに下落。週間ベースでは1%安。

ロス米商務長官は24日、米中通商交渉について、妥結には程遠いとした上で、可能性は十分にあるとの考えを示した。この発言が市場心理を圧迫した。

豪ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が住宅ローン金利を引き上げる方針を明らかにしたことを受けて、豪ドルは既に圧迫されていた。NABの引き上げは他行の動きに追随した形で、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が民間セクターの金融状況の引き締まりに対応するため緩和を余儀なくされるとの臆測が広がった。

トリプルTコンサルティングのショーン・キーン氏は「豪中銀はできるだけ長い間利下げに抵抗する」との見方を示し、「利下げを決定する可能性が最も高い時期は11月の会合だと考えている」と述べた。

ニュージーランド(NZ)ドルの対米ドル相場は0.6760米ドル。週間ベースでは0.2%高。

NZの第4・四半期の消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回る伸びとなり、週の半ばにNZドルを押し上げた。

豪国債先物は貿易や世界の経済成長を巡る懸念を背景に上昇。3年物は4ティック高の98.300。この水準できょうの取引を終えれば、終値ベースで2017年半ば以来の高水準となる。10年物は5ティック高の97.7800。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below