Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドルは0.80米ドル割れ続く、北朝鮮情勢の緊迫化を懸念
2017年9月26日 / 04:17 / 22日後

シドニー外為・債券市場=豪ドルは0.80米ドル割れ続く、北朝鮮情勢の緊迫化を懸念

[シドニー 26日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが節目となる1豪ドル=0.80米ドルを下回って推移している。市場では北朝鮮情勢の緊迫化が懸念されている。

豪ドルは0.7941米ドル。主要な支持線となっていた0.80米ドルを先週に割り込んだ。

対円では1週間半ぶりの安値付近。25日は3営業日続落となった。

北朝鮮情勢の緊迫化で国債価格が上昇。北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は、トランプ米大統領が北朝鮮に宣戦布告を行ったとの認識を表明。北朝鮮は米国の戦略爆撃機の撃墜を含め、あらゆる対抗手段を講ずる権利を有するとの考えを示した。

豪国債先物は堅調。3年物が2ティック高の97.830、10年物が2.5ティック高の97.195。

ニュージーランド(NZ)ドルは続落。政局の不透明感が投資家心理の重しとなっている。

NZドルは1週間半ぶりの安値となる1NZドル=0.7237米ドルを付けた。23日のニュージーランド総選挙では、いずれの政党も単独過半数を獲得できなかった。

連立協議の鍵を握る極右のNZファースト党は移民制限や外資規制強化などを掲げており、投資家からは人気がない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below