July 14, 2017 / 4:59 AM / 6 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルともに一段高、リスクオンで

[シドニー 14日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルは対米ドルで4カ月ぶり高値を付け、週間上昇率は1.7%と3月半ば以来の大きさを記録する見通し。

世界的にリスクオンムードが広がる中、キャリートレードでの需要も豪ドルを押し上げている。

豪ドルは0.7712米ドルの強力な抵抗線を突破し、0.7736米ドル付近に上昇。

ニュージーランド(NZ)ドルは0.7320米ドル。前日には米ドル安を受けて5カ月半ぶり高値となる0.7369米ドルまで上昇した。週間では0.6%上昇し、前週の下落から持ち直した。

市場関係者はこの日発表される米国のインフレ指標に注目。この指標で米ドルの目先の方向性が決まる可能性が高い。

豪ドルとNZドルの続伸は12日のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言を受けたもの。議長の発言は予想よりもハト派寄りと受け止められた。

発言を受けて、低金利通貨で資金を調達し、豪ドルやNZドルなどの高金利通貨に投資するキャリートレードが活発になった。

IGマーケッツのチーフストラテジスト、クリス・ウェストン氏は、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が明白に緩和バイアスに転じ、利上げではなく利下げ方向に市場期待を誘導しないかぎり、豪ドル上昇を抑制できないと指摘する。

ただ、金利先物市場では、来年8月までの25ベーシスポイント利上げがほぼ織り込み済みで、市場期待の誘導は難しいとみられる。

豪中銀は7月まで11カ月連続で政策金利を過去最低の1.50%に据え置いている。

豪債先物は下落。3年債は3ティック下落の97.990、10年債は3.5ティック下落の97.28。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below