February 26, 2020 / 4:32 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルともに下落、利下げ観測強まる

[シドニー 26日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルがともに下落。新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が広がり、資金は円や債券などの安全資産に逃避している。

豪ドルは対米ドルで1豪ドル=0.6600米ドルと、最近つけた11年ぶり安値の0.6585米ドルをわずかに上回る水準。今月に入ってから1.4%下落している。

対円ではさらに強い下落圧力にさらされており、1豪ドル=72.65円まで売られている。前週は74.00円前後で取引を終えていた。目前に迫ったチャート上の下値支持線72.38円を割り込めば、昨年10月以来の安値となる。

ニュージーランド(NZ)ドルは1NZドル=0.6316米ドルと、ほぼ4カ月ぶりの安値水準にはりついている。下値支持線の0.6303米ドルが近づいている。 投資家の間では、新型ウイルスの感染拡大が貿易や観光への依存度が高いオーストラリア経済にもたらすリスクへの懸念が高まっている。

ANZのアナリストはノートで「貿易や人の流れが減り、従業員が職場に戻らず、サプライチェーンが混乱し、消費者・企業心理が影響を受け、これらがすべて成長を圧迫する」と指摘、「当行はオーストラリア経済の見通しを月初に引き下げたが、現在、リスクは明らかに下向きだ」との見方を示した。

新型ウイルスがもたらすリスクを緩和するために内外で中央銀行が金融緩和に動くとの見方から債券が買われている。

市場では依然、オーストラリア準備銀行(RBA)が次回3月3日の理事会で政策を変更する可能性は極めて低いとみられているものの、金利先物はは4月に0.25%ポイントの利下げが実施される確率を38%織り込んでいる。5月までに利下げが行われる確率は66%に上昇し、6月までに行われる確率は82%となっている。

豪3年債利回りは過去5営業日で10ベーシスポイント(bp)低下し、0.627%をつけた。過去最低水準の0.553%に急速に近づている。

3年債先物は1.5ティック上昇し99.380、10年物は横ばいの99.0750。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below