November 6, 2019 / 4:25 AM / 14 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルともに下落、米ドル上昇受け

[シドニー 6日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、米債利回りの上昇に伴う米ドル高を背景に、豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が軟化している。NZドルは、この日発表された雇用統計も重しとなった。 豪ドルは直近で0.6892米ドル。前日海外市場の高値0.6928米ドルから押し戻されている。0.6930米ドルの上値抵抗線突破に何度も失敗しており、0.6877米ドルの下値支持線が目前に迫っている。

NZドルは直近で0.6374米ドルと、週初につけた3カ月ぶり高値の0.6466米ドルから遠ざかっている。0.6335米ドル近辺に主要な下値支持線がある。

両通貨とも主な下落要因は、米中通商協議進展への期待と米供給管理協会(ISM)の非製造業指数が予想外に強い数字となったことを受けて米債利回りが上昇し、米ドルも上昇したこと。

一方、米中通商協議に対する楽観的見方は豪ドルにとっても好材料となり、豪ドルは対ユーロや対円では上昇した。中国人民銀行(中央銀行)が6日、人民元の対ドル基準値を約3カ月ぶりの元高水準に設定したことも豪ドルを支援した。

第3・四半期のニュージーランドの失業率は4.2%となり予想を若干上回ったほか、雇用の伸びは0.2%にとどまり、市場予想をやや下回った。

それでも雇用統計の内容はニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)の予想通りだったため、来週の政策決定会合でRBNZが利下げに踏み切るかどうかについて、市場の見方は分かれている。

豪国債先物は下落。3年物は2ティック安99.125。10年物は4.5ティック安の98.7500。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below