May 17, 2019 / 7:30 AM / 7 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルともに数カ月ぶり安値、米中貿易戦争への懸念で

[シドニー 17日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドル、ニュージーランド(NZ)ドルともに数カ月ぶりの安値水準を記録した。米中の貿易を巡る緊張が和らぐ兆しがみえず、リスク回避ムードとなった。

豪ドルは1豪ドル=0.6880米ドルと1月上旬以来の低水準。今週は下落し続け、週間で2月初め以来の大幅な下落となった。

NZドルは1NZドル=0.6539米ドルと6カ月半ぶり安値に近い水準。週間では約1%下落した。

豪ドルは、国内要因にも圧迫されている。

失業率の上昇を受け、金融市場は、豪中銀が早ければ来月にも利下げする可能性を70%織り込んでいる。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は17日、豪4大銀行のなかで最初に6月の利下げを予想した。

ウエストパック銀行は8月の利下げ、コモンウェルス銀行は据え置きを予想。ANZは来週21日に発表される5月理事会の議事要旨とロウ中銀総裁の講演を踏まえて予想する方針としている。

また、総選挙を18日に控え神経質なムードになっている。世論調査では、野党労働党が優勢とされる。

開票結果は18日0800GMT(日本時間午後5時)から順次発表される。

アナリストは、過半数を獲得する政党がない「ハングパーラメント(宙ぶらりん議会)」となれば、豪ドルがさらに売られる可能性があると指摘している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below