September 18, 2018 / 4:56 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルとも堅調、貿易リスクは織り込み済み

[シドニー 18日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が堅調に推移している。トランプ米大統領は対中追加関税第3弾の発動を指示したが、こうした措置は織り込み済みだったため、下押しは一時的にとどまった。

豪ドルの対米ドル相場は発表を受けて約40ポイント下落し、1豪ドル=0.7144米ドルを付けたが、その後は切り返し、0.7188米ドルに上昇した。

投機筋は米中貿易摩擦の激化を予想してここ数週間は豪ドルの売りに回っており、ポジションはショートに傾いている。

一方、豪準備銀行(中央銀行)は9月4日の理事会の議事要旨を公表し、保護主義的な貿易政策が世界および国内経済の「大きなリスク」だと指摘した。

理事会は豪ドルの「小幅な」下落については、国内経済の成長を支援するとして歓迎した。

また、総合的な経済見通しについては引き続き楽観的なものの、賃金の伸びの低迷や低インフレを考慮すると、金利を引き上げる理由もないと依然考えていることも分かった。

キャピタル・エコノミクスの豪経済責任者、ポール・デールズ氏は「国内経済が中銀の期待通りに進展しないとのわれわれの見方が正しければ、利上げはなお2年後となるだろう」と述べた。

NZドルの対米ドル相場は0.2%高の0.6591米ドル。

アーダーンNZ首相が経済指標についての「ヒント」を与えられ、「かなり満足している」と発言したことを受けて急伸する場面もあったが、その後首相官邸が首相の「勘違い」であり、国内総生産(GDP)の数値に言及したわけではないと説明した。

ロイターのエコノミスト調査によると、20日に発表されるNZの第2・四半期のGDP伸び率は前期比0.7%、前年比2.5%になると予想されている。

豪国債先物は軟調。3年物が2.5ティック安の97.920、10年物が2.25ティック安の97.3400。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below