March 5, 2018 / 5:53 AM / 5 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルはさえない、通商懸念が重し

[シドニー/ウェリントン 5日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルがさえない展開。豪経済指標は上向きだったが、世界的な貿易動向に関する懸念により、リスク選好度が低下した。

豪ドル/米ドルは0.18%安の0.7748米ドルと2カ月ぶりの直近安値(0.7713米ドル)近辺で推移。NZドルは0.35%安の0.7218米ドル。支持線の0.7184米ドル付近に接近している。

両国ともコモディティー輸出によって自由貿易の恩恵を享受してきたが、トランプ米大統領が表明した追加関税が報復措置の応酬につながれば両国経済が不安定になるとの見方が出ている。

キーウィ銀行のシニアエコノミスト、ジェレミー・カウチマン氏は「今週は保護貿易主義に関する発言が市場の注目を集めるだろう。どんな報復措置であれ、貿易依存度の高い国の通貨は悪影響を受ける」と述べた。

一方、豪新車販売や豪企業の賃金・給与などは堅調だった。

7日発表の豪第4・四半期国内総生産(GDP)は1兆8000億豪ドルと、前期比約0.6%の増加が見込まれている。これは年率で2.5%増と、第3・四半期の2.8%から鈍化する見込み。ただ、リセッション(景気後退)なしに続いている経済成長は26年以上になるとみられている。

豪中銀は6日に3月の金融政策理事会を開催する。政策金利1.50%の据え置きが確実視されているほか、利上げ前倒しなども示されない見通し。

NZドルにとって次の材料となるのは乳製品の入札で、アナリストが予想しているように価格が下落すればNZドルの重しになるとみられている。

NZ国債価格は下落。利回りは4.5ベーシスポイント(bp)上昇した。

豪国債先物はアジア株安を受け序盤の下げから切り返す展開。3年債は0.5ティック高の97.935、10年債は1ティック安の97.2700。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below