Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルは軟調地合い、米債との利回り差縮小で
2017年11月22日 / 03:33 / 20日前

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルは軟調地合い、米債との利回り差縮小で

[シドニー/ウェリントン 22日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが対米ドルでほぼ横ばい。豪国債と米国債の利回り差が縮小しキャリー取引通貨としての豪ドルの魅力が低下したことから軟調な地合いとなっている。

直近では1豪ドル=0.7579米ドルと前日つけた5カ月ぶり安値の0.7532米ドル付近にとどまっている。

RBCキャピタル・マーケッツの豪戦略部門を統括するスー・リンオン氏は「基調的な内需は弱く、住宅(市場)の先行きは不透明だ。インフレ率は目標レンジに届かず、労働市場には過大な供給能力が存在する」と指摘し、豪中央銀行が2019年初めまでに利上げする理由はほとんどないとの見方を示した。

一方RBCは米連邦準備理事会(FRB)が金利を12月に25ベーシスポイント(bp)、来年は合計100bp引き上げるとみている。予想通りなら米国の政策金利はオーストラリアを大幅に上回る。

数カ月前は2年物豪国債利回りが米2年債利回りを一時60bp上回っていたが、利回り差は現在2bpまで縮小した。逆転すれば2000年半ば以来となる。当時の豪ドル相場は1豪ドル=0.5900米ドル付近だった。

9月には76bpあった2年物ニュージーランド国債と米国債の利回り差も23bpまで低下している。逆転すれば1999年末以来。

NZドルは先週、売り圧力が強まったが、ここ数日間は買い戻しが入った。22日は0.2%高の1NZドル=0.6843米ドル。0.6883米ドルが抵抗線となっている。

豪国債先物はまちまち。3年債は横ばいの98.060。10年債は2.5ティック上昇の97.4600。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below