November 26, 2018 / 5:38 AM / 23 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドルやや底堅い、米中首脳会談控え

[シドニー 26日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルはやや底堅い展開。今週の米中首脳会談で貿易摩擦緩和に向けた進展があるとの期待が出ている。

豪ドルは1豪ドル=0.7242米ドルに小幅上昇。先週の安値0.7202米ドルを上回っている。

NZドルは1NZドル=0.6785米ドル付近。第3・四半期のNZの小売売上高が予想外に弱い内容となったことを受けて一時下落した。

第3・四半期の小売売上高は、季節調整済み前期比横ばいとなり、エコノミスト予想の約1%増を下回った。食品や自動車の売上高が減少しており、第3・四半期の国内総生産(GDP)が予想を下回る可能性もある。ただ、在庫の急増が相殺要因となることも考えられる。

市場では米中首脳会談に注目が集まっている。

米中貿易摩擦を巡っては、トランプ米大統領が最近やや融和的な姿勢を示しているほか、米国株も急落しており、投資家のリスク選好度を下支えする国内的な事情もあるという。

NABの為替戦略トップ、レイ・アトリル氏は「こうした理由で、トランプ氏が追加の関税措置を当面見送るといった合意が成立する可能性がある」と指摘。

「高い確率ではない。60:40程度だ。たとえわれわれの予想が正しかったとしても、追加の通商措置の実行が一時的に猶予されるにすぎないのではないか」と述べた。

ただ、どのような形であれ合意が成立した場合、豪ドルは短期的に0.7400米ドルまで上昇する可能性があるという。

中国経済に対する懸念で鉄鉱石・石炭価格が下落していることもあり、貿易問題で進展がなければ、大きな悪材料になるとみられている。

この日の中国の鉄鉱石先物価格は6%近く下落。鉄筋先物も約5カ月ぶり安値に値下がりしている。

豪国債先物は小幅高。3年債は1ティック上昇の97.885、10年債先物は1.5ティック高の97.3600。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below