January 8, 2019 / 5:24 AM / 16 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇一服、米中協議待ち

[シドニー/ウェリントン 8日 ロイター] - オセアニア外国為替市場は、北京で開催中の米中通商協議の行方を見守る中、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルの上昇が一服した。

ロス米商務長官は7日、米中双方が受け入れ可能な合意が得られる可能性は高いとの認識を示した。

次官級という設定にもかかわらず、これまで中国側で通商協議を主導してきた劉鶴副首相が7日の会合に予想外に姿を見せたことも市場の期待感を高めた。

ACLSグローバルのチーフストラテジスト、マーシャル・ギットラー氏は、中国当局の最上層部が姿を現したことは貿易摩擦の終結に向けた同国の意欲を示唆していると指摘し、「事態が打開する可能性がある。そうなれば豪ドルとNZドルが上昇するだろう」と述べた。

豪ドルは0.7150米ドルの抵抗線で失速し、0.7134米ドル。チャート上では0.7205米ドル、0.7250米ドルが次のターゲットとなっている。

NZドルも0.6745米ドルで上げが止まる格好となった。

豪連邦統計局がこの日発表した11月の貿易収支は19億3000万豪ドルの黒字となり、黒字の減少幅が予想をやや上回った。資本財や消費財の輸入が予想外に2カ月連続で堅調となり、内需が持ちこたえていることを示唆した。

中国向け輸出も前年比約41%増加し、過去最高を記録。米中貿易摩擦がまだ打撃となっていないことが示された。

ただ、CBAのエコノミスト、ベリンダ・アレン氏は「貿易摩擦は両国の成長見通しが弱まっている局面で起きており、オーストラリアの輸出の36%が中国向けであることを踏まえると、同国の見通しは極めて重要だ」と指摘した。

豪国債先物はこのところの大幅上昇が一服し、3年物は3.5ティック安の98.195。10年物も4.5ティック安の97.6850となったが、11月上旬と比べると50ティック近く上昇している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below