February 12, 2018 / 5:33 AM / 8 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇、米インフレ指標控え神経質な展開

[シドニー/ウェリントン 12日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが上昇している。ただ米インフレ指標の発表を控え、神経質な展開が続いている。

豪ドルの対米ドル相場は直近で0.3%高の0.7834米ドル。9日は一時0.7759米ドルと、昨年12月末以来の安値を付けていた。

金融市場に動揺が広がり、より安全な資産とされる日本円に資金を移したり、現金保有を増やしたりする動きが進む中、豪ドルは過去10営業日のうち8営業日は下落した。

NZドルの対米ドル相場は0.2%高の0.7270米ドル。8日に付けた1カ月ぶり安値(0.7176米ドル)を大きく上回っている。

NZドルは先週0.6%下落し、2週連続での下げとなった。

ANZのアナリスト、トム・ケニー氏は「リスク回避の動きが強まり、先週の豪ドルは重い値動きとなった」と指摘し、今後も景況感に左右される可能性が高いとの見方を示した。今週は14日発表の1月の米消費者物価指数(CPI)に注目が集まっているという。

豪国債先物は下落。3年物が2.5ティック安の97.845、10年物が5ティック安の97.0950。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below