October 31, 2019 / 12:09 AM / 17 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇、米利下げ休止シグナルで

[シドニー 31日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が対米ドルで上昇。米利下げ休止のシグナルを受け、国内の利下げ観測が後退した。

豪ドルは0.6905米ドルまで上昇、3カ月ぶりの高値を付けた。前日には一時0.6849米ドルまで値下がりしていた。

豪ドルはチャート上の主要抵抗線だった9月高値(0.6895米ドル)を上回り、テクニカル的にも強気な展開となっている。

NZドルは前日には0.6335米ドルまで下落していたが、0.6409米ドル近辺で推移。ただ、10月高値(0.6436米ドル)が依然として強力な抵抗線となっている。

ウエストパックのエコノミストは、 ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)が11月13日の会合で、政策金利を据え置くと予想。これまでは大方の市場予想と同様に、25ベーシスポイント(bp)の利下げを見込んでいたが、国内指標や海外市場のセンチメント改善を受け、据え置き予想に転じた。

米連邦準備理事会(FRB)が30日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、予想通り利下げを決定するとともに、より中立的なスタンスへの移行を示唆したことも、NZドルを支援した。

市場では現在、NZ中銀の11月利下げ確率が約57%織り込まれており、今月初めの80%超から低下している。

豪準備銀行(中銀、RBA)の利下げ確率も低下。11月5日の理事会での確率はほぼゼロとなり、12月の確率はわずか26%だ。

豪中銀はこれまでに他の主要中銀の利下げが国内での利下げ圧力を高めていると指摘しており、FRBの利下げ休止示唆で金利を据え置く余地が幾分生じるとみられる。

豪国債先物は上昇。3年物は0.5ティック高の99.225、10年物は2ティック高の98.8800。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below