January 8, 2020 / 1:28 AM / 14 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、イラク駐留米軍攻撃報道で

[シドニー 8日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルがともに下落。米軍が駐留するイラクのアル・アサド空軍基地にイランが複数のロケット弾を発射したとの報道に、市場は動揺している。

豪ドルは6営業日続落し、3週間ぶり安値となる1豪ドル=0.6850米ドル。

NZドルは0.11%安の0.6633米ドルで、昨年のクリスマス以来の安値付近。

安全資産とされる円に対しては、ともに約0.8%下げ、約1カ月ぶり安値。

ナショナル・オーストラリア銀行の為替戦略責任者、レイ・アットリル氏は「市場が先週懸念していた(イランの)報復が現実になったようだ。安全資産に逃避する以外に道はない」と述べた。

豪国債先物は上昇。3年債先物は5ティック高の99.27。10年債先物は7.5ティック高の98.84。

NZ国債も堅調。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below