May 12, 2020 / 4:48 AM / 3 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、ウイルス感染第2波を警戒

[シドニー 12日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが下落している。新型コロナウイルス感染の第2波に対する警戒感が広がっている。

中国がテクニカル上の問題を理由にオーストラリアの業者から牛肉輸入を停止しているとの報道も豪ドルを圧迫している。

豪ドル/米ドルは0.6%安の0.6445米ドル。前日は0.6560/70米ドルの上値抵抗線の突破に失敗。現在0.6373/78米ドル近辺の支持線を試す展開となっている。

NZドル/米ドルは0.6065米ドル。前日は0.6157/6176米ドル近辺の抵抗線突破に失敗して1.1%下落。0.6040米ドルと0.5995米ドルが支持線。

トレーダーは、中国が大麦や鉄鋼製品の貿易を巡りオーストラリアに圧力をかけようとしているとの懸念が広がっていると指摘した。

フライデンバーグ豪財務相は、新型コロナウイルス感染防止の移動制限が導入されたばかりの3月末時点で、財政赤字は224億豪ドル(144億4000万米ドル)に達していたと指摘。ウイルス封じ込め措置による影響が市場で意識された。

政府は相次ぎ国債を発行している。豪財務管理局(AOFM)は13日、10年債の新規発行を予定しており、クーポンは1%、既存の10年債に7─10ベーシスポイント(bp)上乗せしたプライシングが予想されている。

ウエストパック銀行のアナリストは「発行規模は100億豪ドルを大幅に上回る見通しだ」とし、豪中銀による下支えが少なくなるなか、市場の底堅さを試す機会になるとの見方を示した。

豪国債先物は99.0400、インプライドイールドは0.96%。3年物も99.765で横ばい、インプライドイールドは0.235%となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below