January 21, 2020 / 3:51 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、中国の新型肺炎を懸念

[シドニー 21日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは下落。中国で新型肺炎の感染が拡大すれば、景気に悪影響が及ぶとの懸念が浮上している。

豪ドルは0.26%安の1豪ドル=0.6854米ドル。午前中は横ばいで推移していた。上値抵抗線は0.6890米ドルと0.6910米ドル。下値支持線は0.6850/55米ドル。

NZドルは1NZドル=0.6594米ドルに小幅下落。朝方は0.6624米ドルまで上昇していた。

中国当局は200人以上が新型肺炎に感染していることを明らかにした。死者は少なくとも4人。武漢市で発生した新型肺炎は、北京や上海などにも拡大し、国外では韓国とタイ、日本で発症者が確認されている。

オーストラリアとNZには、春節休暇の時期に多数の中国人観光客が訪れる。オーストラリア政府は武漢市からの一部の航空便について検査を強化する方針を明らかにした。

オーストラリアの観光業は、大規模な森林火災ですでに打撃を受けて衣類。

先物市場は、豪中銀が来月4日の理事会で利下げする確率を42%前後と予想。3月までの利下げの確率は62%となっている。

豪3年債先物は99.250で横ばい。10年債先物は1ティック上昇の98.8200。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below