January 3, 2020 / 4:43 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、山火事や地政学リスクで

[シドニー 3日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランドドル(NZドル)が対米ドルで、5カ月ぶりの高値からさらに遠ざかっている。このところの上昇を受けて投機筋が利益確定に動いたほか、オーストラリアで続く山火事が経済に打撃を与える可能性が懸念されている。

両通貨は対円でも下落。米国防総省が、イラクの首都バグダッドの空港で現地時間3日未明、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官らを乗せた車列を空爆し、同司令官を殺害したと発表したことが背景。

豪ドル/円は0.8%安の75.26円。75.60円の支持線を下抜け、ストップロスの売りが出た。

豪ドル/米ドルは0.4%安の0.6968米ドル。今週前半には0.7032米ドルまで上昇していたが、昨年7月の高値(0.7082米ドル)を突破できず、0.6930/40米ドルの支持線まで下落する可能性がある。

NZドル/米ドルは0.6674米ドルまで下落。31日には0.6755米ドルまで上昇していた。同じく、昨年7月の高値(0.6789米ドル)に届かず、0.6650米ドル近辺の支持線まで押し戻される可能性がある。

豪債先物は、リスク回避の動きを背景に上昇。3年物は6ティック高の99.180、10年物は8.5ティック高の98.7250。

AMPキャピタルのチーフエコノミスト、シェーン・オリバー氏は「終わりの見えない山火事が豪経済のさらなる圧迫要因となっている」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below