February 27, 2020 / 3:44 AM / 4 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、新型ウイルスを懸念

[シドニー 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルは11年ぶり安値付近。豪州経済は国際貿易や観光への依存度が高く、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に豪ドルに売りが出ている。

米疾病対策センター(CDC)は26日、新型コロナウイルスについて、国内のコミュニティーでの感染拡大の可能性を警告。韓国でも感染が急拡大している。

豪ドルは1豪ドル=0.6554米ドル。前日の海外市場では0.9%値下がりし、0.6542米ドルまで下落。11年ぶりの安値を更新した。チャート上の主要な支持線は2009年3月の安値0.6280米ドルまでない。

ニュージーランド(NZ)ドルも1NZドル=0.6284米ドルと、昨年10月以来の安値。0.6240米ドル付近にある下値支持線を試す展開になるとみられる。

CBAの為替担当シニアストラテジスト、ジョセフ・カプルソ氏は「豪ドル/米ドルが近く0.6500米ドルを試す可能性があると引き続き予想している。新型コロナウイルスで世界経済が減速するとの懸念が背景だ」とし「豪中銀の利下げ観測も豪ドルの重しとなっている」と述べた。

来週の豪中銀理事会については、利下げに懐疑的な見方が多いが、政策金利が4月に0.5%に引き下げられる確率は40%、5月は68%。6月の利下げはほぼ完全に織り込まれている。0.25%への追加利下げの確率も五分五分となっている。

豪国債先物は1週間以上にわたって上昇が続いている。3年債は99.425と、過去最高値の99.460に迫っている。10年債は4ティック上昇し99.1250、インプライド・イールドは0.8750%。

新型ウイルスの感染拡大前から豪州経済が低迷していたことも改めて浮き彫りとなった。昨年第4・四半期の設備投資は2.8%減。市場予想は約0.4%増だった。

NZの1月の企業信頼感指数も低下した。

市場は5月までのNZの金融緩和の確率を60%と予想。8月までの25ベーシスポイント(bp)利下げは完全に織り込まれている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below