February 22, 2018 / 3:18 AM / 6 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、米ドル高で

[シドニー 22日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが続落。ニュージーランド(NZ)ドルも5営業日連続の下げとなる見通し。米国で年内、少なくとも3回は利上げが実施されるとの観測が高まる中、米ドル高が進んでいることが背景。

豪ドル/米ドルは0.7792米ドルに下げ、1週間半ぶり安値(0.7759米ドル)に迫った。テクニカル上の支持水準は0.7760米ドル近辺。

豪ドルは12月と1月に大幅上昇したが、今月に入り3%超下げている。

NZドル/米ドルは1週間ぶり安値の0.7307米ドルをつけた。直近ではほぼ横ばいの0.7312米ドル近辺。

豪ドルとNZドル相場は昨年末以降、堅調に推移していた。リスク志向の高まりに加え、米ドルが数年ぶり低水準となったことが背景。ただ、米連邦準備理事会(FRB)がより積極的に利上げに動くとの見方が強まる中、米ドルは回復しつつある。

21日に公表された1月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨は、追加利上げを後押しする内容と受け止められ、米ドル買いが進んだ。議事要旨は「短期の景気見通しが底堅さを増し、フェデラルファンド金利軌道が徐々に上向く可能性が高まったとの認識で一致した」と説明した。

一方、豪政策金利は、当面過去最低水準にとどまるとみられている。

金利先物市場は、8月までに利上げがある確率は40%程度と織り込んでいる。25ベーシスポイント(bp)の利上げは来年初めまでは完全に織り込んでいない。

豪国債先物は、3年債が1ティック高の97.865、10年債は1.5ティック安の97.1300。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below