January 23, 2018 / 4:49 AM / 6 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、米緊急輸入制限で

[シドニー/ウェリントン 23日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが下落した。米国が家庭用大型洗濯機と太陽電池の輸入増加を抑制するために緊急輸入制限(セーフガード)を発動すると発表したことを受け、貿易摩擦懸念が高まった。

豪ドルは0.8029米ドルから0.7997米ドルに下落した。

国際通貨基金(IMF)が2017年と18年の世界経済の成長率予想を3.7%から3.9%に上方修正したことを受け、豪ドルは堅調に推移していたが、米セーフガードのニュースで軟調になった。

また、米議会では22日、つなぎ予算が可決され、トランプ大統領の署名を経て成立した。これにより、3日間に及んだ政府機関の一部閉鎖は解除された。

IMFの見通し引き上げや政府機関の再開はリスクトレードを後押しし、株式や商品相場にプラスとみられている。一方、債券相場にはマイナス。

豪債券先物は下落し、3年物は1ティック下落し、97.705。10年物は0.5ティック下落し、97.1300となった。

NZドルは振れの激しい展開。一時4カ月ぶり高値の0.7355米ドルをつけたが、米セーフガードに関するニュースが伝わると、0.7325米ドルまで下げた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below