for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル下落、FOMCに注目

[シドニー 27日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは下落。27─28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、慎重なムードが広がった。

豪ドルは0.21%安の1豪ドル=0.7784米ドル。前日は鉄鉱石価格の値上がりを背景に上昇した。

先週に付けた0.7816米ドルが上値抵抗線となっているが、短期的には堅調なコモディティー価格が引き続き支援材料になるとアナリストはみている。

ウエストパック銀行のストラテジストは「0.7790ドルを終値で上回ることが重要で、この水準を維持できれば、0.80ドル近辺の2月の高値まで上昇が続く可能性がある」と分析した。

NZドルは0.17%安の1NZドル=0.7224米ドル。前日は3月18日以来の高値となる0.7236米ドルまで上昇していた。

NZドルは堅調なコモディティー価格と米ドル安が強材料となってきた。27日の米ドルは米国債入札とFOMCを前に小動きとなっている。

豪10年債利回りは1ベーシスポイント(bp)上昇し、1.69%となった。

NZ10年債利回りは4bp高の1.62%。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up