June 26, 2018 / 3:20 AM / 24 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル動意薄、米通商政策への警戒感で

[シドニー 26日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが小動きとなっている。対中通商政策に関する米当局者の発言に混乱が生じていることから、市場は様子見ムードが強まった。

豪ドルの対米ドル相場は1豪ドル=0.7411米ドル。オーバーナイトの取引では0.7397米ドル近辺で買われた。トランプ米政権が中国企業による米ハイテク企業への投資制限を検討しているとの報道を受けて、前日は0.7443米ドルの高値から軟化していた。

トランプ大統領は中国の投資制限に関する報道を否定したが、政権の当局者らは相反する見解を示した。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のシニアエコノミスト、デービッド・デガリス氏は「ここ24時間ぐらい非常に混乱した状況だ」と指摘。「現時点で、言葉の応酬を基に最終的な勝者/敗者など結果を見極めようとするのは時期尚早」とした。「ただ、中国との貿易摩擦や貿易アクセスに焦点が向かうことで、豪ドルへの売り圧力が再び強まった」と語った。

豪州は中国に対する主要なコモディティー(商品)輸出国であることから、自由貿易を阻害する要因が浮上すれば影響を受けやすい。

NZドルの対米ドル相場は1NZドル=0.6891米ドル。0.6921米ドルの高値から後退した後は小動きとなっている。

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は28日の金融政策決定会合で政策金利を当面据え置く姿勢を改めて示す見通し。

豪国債先物は、3年物が1ティック高の97.895、10年物は0.5ティック高の97.3650。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below