for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル堅調、週間で上昇へ

[シドニー 24日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは堅調で週間で上昇する見込み。

豪ドルは0.7293米ドル。0.7220米ドルの支持線を何度も下抜けそうになりながらも持ち直した。週初からは0.4%上昇。この基調を維持すれば3週間ぶりの上昇となる。

NZドルは0.7063米ドル。オーバーナイトで1カ月ぶり安値の0.6982米ドルから回復した。週初からは0.4%上昇している。

中国恒大集団の巨額債務問題がシステミックリスクになるのを防ぐため中国政府が介入するとの憶測がリスクセンチメントを支えている。

ウエストパックのシニア通貨ストラテジスト、ショーン・カロウ氏は「豪ドルは今月、多くの悪材料を吸収した。アクティブ筋は既にかなり豪ドルショートに傾けている。今週の動きから、8月に付けた安値の0.7100米ドル付近は当面、たぶん年内は再び試すことはないだろう」と述べた。

より長い目で見ると、FRBが年内の量的緩和縮小と22年終盤の利上げを視野に置いていることから、豪ドルは米ドルに対して弱い地合いが予想される。

前日、イングランド銀行(英中央銀行)が金利上昇の根拠が強まったと、予想外にタカ派な認識を示したことを受け、世界的に債券利回りが上昇した。

豪10年債利回りは7月中旬以来の高水準の1.38%。週初から7ベーシスポイント(bp)上昇している。

NZ10年債利回りは1.94%。今週は4bp上昇している。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up