Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小動き、ジャクソンホール会合に注目
2017年8月22日 / 02:16 / 1ヶ月前

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小動き、ジャクソンホール会合に注目

[シドニー 22日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが小動き。北朝鮮を巡る地政学的な緊張への懸念や、米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれるカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムを前にした様子見が背景。

豪ドル/米ドルは0.1%高の0.7944米ドル。商いは薄いものの、3営業日続伸している。

豪ドルは7月下旬に2年ぶりの高値(0.8066米ドル)を付けたが、その後失速。0.7808─0.7950米ドルのレンジで推移している。

6月と7月は良好なパフォーマンスとなったが、8月は下落して終了する見込み。

アナリストは、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長やドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の講演が予定されるジャクソンホール会合まで取引は低調になると見込んでいる。

ANZリサーチのジョー・マスターズ氏は、顧客向けノートで「豪ドルは引き続き値固めの展開となる見込みだ」と指摘。「金融市場は今週末のジャクソンホール会合待ちで、値固めは週を通じて続く可能性がある」との見方を示した。

NZドル/米ドルは0.1%高。直近のレートは0.7328米ドル。先週は0.7224米ドルまで下落し、7月11日以来の安値を付けた。NZドルも8月は下落する見込み。

豪国債先物はほぼ横ばい。3年物は変わらずの98.030、10年物は0.5ティック高の97.3700。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below