January 9, 2020 / 3:52 AM / 16 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小動き、中東情勢の緊張緩和

[シドニー 9日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは小動き。中東情勢の緊張緩和が支援材料となっている。

豪ドルは1豪ドル=0.6872米ドルに小幅上昇。ただ投資家のリスク回避姿勢は総じて後退したものの、前日の安値0.6849米ドルから大きく上昇する展開とはなっていない。

200日移動平均線(0.6894米ドル)も割り込んでおり、この水準が上値抵抗線となっている。

NZドルは1NZドル=0.6650米ドルと、前日の海外市場の安値0.6619米ドルから上昇。この水準が下値支持線となっている。上値抵抗圏は0.6670/80米ドル。

トランプ米大統領は8日、イラクに対する報復攻撃に慎重な姿勢を示した。

これを受け、豪中銀が2月に25ベーシスポイント(bp)利下げを実施する確率は44%に低下。中東情勢が緊迫化した局面では60%近くまで上昇していた。

ANZのデービッド・プランク氏は、オーストラリアの森林火災について「規模や期間を踏まえると、過去の森林火災よりも、ほぼ確実に大きな経済的影響が出る」と指摘。

ただ政府が総額30億豪ドル(20億6000万米ドル)の復興予算を約束しているほか、政府の支援や保険金の支払いもあり、経済成長率への影響は、昨年第4・四半期、今年第1・四半期とも0.1─0.2%ポイント以下になる可能性が高いという。

同氏は「森林火災で消費者心理の悪化が続くといった全国的な影響が出れば、金融政策による対応も考えられる」と指摘。「偶然にも2月の25bp利下げは以前から予想されていた」と述べた。

この日発表された11月の豪貿易収支は58億豪ドルの黒字と、予想以上に強い内容となった。鉄鉱石と液化天然ガスの輸出が好調だった。

豪国債先物は下落。3年債は2.5ティック安の99.220、10年債は5ティック安の98.7500。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below