January 20, 2020 / 2:55 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小動き、主要経済指標の発表待ち

[シドニー 20日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、中銀の金利判断を左右する可能性のある経済指標の発表を控え、豪ドルとニュージーランド(MZ)ドルは小動きとなっている。

豪ドルは小幅高の1豪ドル=0.6876米ドル。チャート上の支持線(0.6850米ドル前後)と先週高値の抵抗線(0.6933米ドル)の間で推移している。

NZドルは1NZドル=0.6615米ドルと、先週の取引レンジ(0.6586─0.6664米ドル)内にとどまっている。

オーストラリアでは23日に雇用統計が発表されるほか、ニュージーランドでは24日に消費者物価指数(CPI)統計が発表される。

豪準備銀行(RBA)は昨年12月の理事会で雇用を巡るリスクを強調しており、雇用統計が2月4日の理事会の金利決定に際して重要な意味を持つ可能性がある。

11月の豪雇用統計は就業者数が前月比3万9900人増と堅調な内容だった。12月は1万5000人増が予想されている(中央値)。

ANZの豪経済担当責任者デービッド・プランク氏は、自身は5000人増を見込んでいるとし「消費支出の弱さも考慮すると、2月の利下げの可能性は高いのではないか」と述べた。

豪3年債先物は99.245(インプライド・イールド0.755%)。10年債先物は98.8050。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below