December 19, 2018 / 5:27 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小動き、債券は上昇

[シドニー/ウェリントン 19日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは小動き。

豪ドルの対米ドル相場は0.2%高の1豪ドル=0.7195米ドル。最近付けた1カ月半ぶり安値の0.7151米ドルに近い水準。

NZドルの対米ドル相場は1NZドル=0.6866米ドルと、3営業日連続で上昇しているものの、最近付けた3週間ぶり安値(0.6779米ドル)からそれほど離れていない。

一方、豪国債は1年半ぶりの水準に上昇。原油価格の下落を受けて世界的に市場でディスインフレの懸念が広がった。

豪国債先物は3年物が2.5ティック高の98.125と、2017年半ば以来の高水準。10年物は3.5ティック高の97.610。NZの10年債価格は2016年10月以来の高水準。

米国債も上昇している。18日に原油価格が5%下落したことを受け、投資家の間では、米連邦準備理事会(FRB)が19日まで行われる米連邦公開市場委員会(FOMC)の後に利上げを停止するとの見方が広がっている。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの通貨ストラテジスト、スティーブン・ドゥーリー氏は「FRBは利上げすると見込まれているが、株式市場への圧迫、世界的な経済成長の鈍化、トランプ米大統領による批判を背景に、過去2週間にサプライズが起きる可能性が高まっている」と述べた。

原油価格は、需要減退、景気減速、供給過剰への懸念を背景にここ数カ月にわたり下落しており、北海ブレント先物は10月以降、35%下げている。

原油安はオーストラリアの消費者物価の重しとなり、交易条件に悪影響を与える可能性がある。同国は液化天然ガス(LNG)の輸出国。

また、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)の金利見通しも圧迫されることになる。投資家は現在、2020年に入っても据え置きが続くとの見方を織り込んでいる。

NZでは、統計局が19日に発表した第3・四半期までの1年間の経常収支は、105億3900万NZドルの赤字だった。赤字の規模は9年ぶりの高水準で、アナリスト予想の平均95億3600万NZドルを上回った。国内総生産(GDP)比率は3.6%。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below