June 13, 2018 / 5:44 AM / 2 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小動き、FOMC決定控え

[シドニー/ウェリントン 13日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは6月初め以来の安値付近で推移している。きょう発表される米連邦公開市場委員会(FOMC)決定を控え、多くの投資家は様子見の姿勢を取っている。

直近の豪ドルの対米ドル相場は0.1%安の1豪ドル=0.7564米ドル。一時は0.7556米ドルと、6月1日以来の安値を付けた。

豪ドルはここ数日間は0.7515/7620米ドルのレンジ内にとどまっている。先週は0.7677米ドルに上昇したが、米ドル高を受けてこの水準は維持できなかった。

NZドルの対米ドル相場は1NZドル=0.7009米ドル。一時は1週間ぶり安値となる0.6995米ドルを付けた。

FOMCでは利上げはほぼ確実視されており、米連邦準備理事会(FRB)が金融政策をどう位置づけるかが焦点となりそうだ。

一方、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のロウ総裁は13日、賃金や消費者物価の伸びが鈍いことを理由に、政策金利の変更は依然として「しばらく先」との見解を改めて表明した。

きょう公表された6月のオーストラリア消費者信頼感指数は、3カ月ぶりに上昇したものの、消費者需要の持続的な伸びは示されなかった。

AMPキャピタルのシニアエコノミストはノートで「6月の消費者信頼感指数の小幅な上昇は、豪消費者の重しとなっている他のマイナス要因を相殺するには十分でない」との見方を示した。

14日には5月豪雇用統計の発表が予定されている。

豪国債先物は上昇。3年物は1ティック高の97.780、10年物は1.75ティック高の97.2075。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below