November 22, 2018 / 7:09 AM / 23 days ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小幅安、リスク選好度低下

[シドニー 22日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは小幅安。米中貿易摩擦が世界経済に与える影響への懸念が続く中、投資家のリスク選好度が低下している。

豪ドルの対米ドル相場は0.2%安の1豪ドル=0.7249米ドルで、先週付けた2カ月半ぶり高値(0.7338米ドル)を大きく下回っている。

NZドルの対米ドル相場は0.4%安の1NZドル=0.6808米ドル。今月は0.6883米ドルの高値を付けていた。

投資家の最大の懸念は米中貿易戦争で、続いて企業の弱い利益見通し、ハイテク株の売り、米利上げとなる。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のシニア為替ストラテジスト、ロドリゴ・カトリル氏は「現在はリスクセンチメントが豪ドルとNZドルを動かしている要因のようだ」と指摘。「これから米年末商戦シーズンの従来のスタートとなるブラックフライデー(23日)に注目が移る可能性が高い」と述べた。

「景気減速への懸念が広がり株式市場がより軟調に推移する中、23日の売り上げは米消費者の心理状況を判断する重要な基準とされるだろう」と語った。

21日の世界貿易機関(WTO)会合では、米中の代表が激しく衝突。米国のデニス・シアWTO大使が中国は「市場に関係のない」政策を追求するためにWTOを利用していると非難した一方、中国の代表は規則に違反しているのは米国だと反論した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below